忍者ブログ
Otsu PARCO and Dangers9 ~国民よ、「誠」の元に集え!
CROWS & WORST Flash Back Generation P.A.D ~県南の抗争編~ 藤川輝(テル) ダイブ版

 

CROWS & WORST Flash Back Generation P.A.D ~県南の抗争編~ 藤川輝(テル) ダイブ版
クチコミを見る
School Days(スクールデイズ) L×H(通常版)

School Days(スクールデイズ) L×H(通常版)
クチコミを見る
大津事件―ロシア皇太子大津遭難 (岩波文庫)
大津事件―ロシア皇太子大津遭難 (岩波文庫)
クチコミを見る
1/72 F-105G サンダーチーフ
1/72 F-105G サンダーチーフ
クチコミを見る
バトルアスリーテス大運動会 TV-BOX 1 熱闘南極篇 [DVD]
バトルアスリーテス大運動会 TV-BOX 1 熱闘南極篇 [DVD]
クチコミを見る
わしが反日ハンター・神功正毅ぢゃ。
「「人権侵害救済法案提出を許さないぞ! 街宣 in 大津 第10弾 ~国民よ、「誠」の元に集え!」開催のお知らせ
で伝えたとおり、10月10日(月・祝) に「人権侵害救済法案提出を許さないぞ! 街宣 in 大津 第10弾 ~国民よ、「誠」の元に集え!」を行った。
その報告をしよう。
これが街宣の映像ぢゃ








カメラの操作ミスのため、最初のわしの演説と会長の演説の前半が映っていなかった。
申し訳ない。

この日は本部のiPodも不調で、Bureno君のカメラと映像データもまだ本人に返還されていないのでこの活動の映像はこれだけぢゃ。

完全版はBureno君のカメラと映像データが本人に返還されてYou Tubeやニコニコ動画にアップロードされるのを楽しみに待ってくれ。


現場責任者としては

「誠死ね!」



といった事態が起きることなく無事街宣が終了して本当によかった。

当日は「体育の日」ぢゃったので街宣終了後、大津駅近くの居酒屋まで歩いていく予定だったのぢゃが、会長があまり体調がよくなかったのか(?)歩くのを嫌がっていたので車で居酒屋まで行った。

そこで懇親会を行い、その帰り際にあの「平成の大津事件」と言うべき

「大津駅カメラマン暴行事件」

が起きたのぢゃ。

bureno外配信 マスコミ・公安・人権屋・鮮中スパイもチェックw、在日や左翼リスナーと対話できる、唯一の... (番組ID:lv70770499)[ニコニコ動画会員限定]
http://live.nicovideo.jp/watch/lv70770499?ref=community
<引用開始>
反原発集団のメンバー暴行容疑→傷害容疑で1名逮捕

10月10日17時30分頃 滋賀県の大津駅へ車で向かう途中、反原発集団を発見するが、そのまま大津駅付近の飲食店へ入る。
20時30分頃飲食店を出て、再び反原発集団と遭遇し、領土問題の会話に割り込んで来た事で口論となり騒ぎとなった
騒ぎは、駅構内改札内へと移り、改札口を突破して撮影を続けていると、長髪の男に照明を捕まれ剥ぎ取られた。
それでも撮影を続けていると「カメラを奪え!」「メモリーを抜け!」と叫ぶ反原発者2・3人に追い回され、周囲の旅客や電車に脅えながら駅構内を逆鬼ゴッコとなり、接近されると強烈な悪臭(野生のイタチの匂い)で何度も吐きそうになりながら逃げ回っていたが、60歳程の1000円札大量配布者が階段で上乗りになってきて、階段から転落を避ける為に身動き出来なくなっていた所、河東大了(ママ)が、その男を逮捕し、駆け付けた警察官に身柄を引き渡した。
<引用終了>


それにしてもとんだ「体育の日」ぢゃった。

イキリ立つ仲間を抑えることが体力を大きく消耗させることをわしはこの時初めて思い知った。

報告の記事を1ヶ月もアップできないほど・・・。


「戦争を終わらせるのは戦争を始めるよりも困難だ。」とよく言うが、西郷隆盛ですら鹿児島士族の暴発を止められなかったように組織の上に立つ者に下位の者らの暴発を止めるだけの器量がなければ組織は崩壊する。

「主は怒りを以って師を興すべからず。将は憤りを以って戦いを致すべからず。」(孫子の兵法)

この言葉通り、怒りを抑えるべき時に抑えられない者は滅ぶ。


護国活動に参加する者にはよくよく肝に銘じておいてくれ。
PR
【2011年11月13日20:37 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「在日よ、自ら「特権DEATH NOTE」に名を記せ! 街宣 in 大津」の報告 | ホーム |祝!韓国国会議員選挙の選挙人登録開始>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]