忍者ブログ
近江八幡市民の良識の勝利!近江八幡市議会、市民投票の廃止を可決す

わしが反日ハンター・神功 正毅ぢゃ。
諸君らにうれしいお知らせがある。
近江八幡市が市民投票制度の廃止を市議会に提案したことは
近江八幡市民の良識の勝利?近江八幡市、市議会に市民投票の廃止を提案す
で伝えたとおりぢゃが、それを受けて近江八幡市議会が市民投票の廃止を可決したそうぢゃ。
京都新聞/近江八幡市、「市民投票制度」を廃止
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20111216000081
<引用開始>
 近江八幡市議会は16日、市政の重要事項について市民に直接賛否を問う「市民投票制度」を廃止する新まちづくり基本条例案を賛成多数で可決した。廃止の検討過程などが問題とされていた。

 本会議では、地域力みんなの会が「十分な市民論議が行われていない」、共産党も「検討過程が不透明で乱暴」と反対した。しかし、世翔会、公明党などが賛成し可決した。

 市民投票制度廃止をめぐっては、新条例案を審議した市民や識者による委員会の開催日程を市が広報しないなど検討過程が事実上非公開で、野党会派が問題視していた。

 この日開かれた定例会本会議では計35議案を可決・承認、人事案件2件に同意。また、障害者総合福祉法の成立を求めるなどの意見書2件を可決し閉会した。
<引用終了>


これは市議会をして外国人住民の市政への干渉を招きかねない市民投票制度の廃止を可決せしめた


近江八幡市民の良識の勝利ぢゃ!



我々在特会はもとより近江八幡市民を含む滋賀県民が政治に関心を深く持ち、郷土や祖国の行く末を憂いて不正・不公正を正そうと行動すれば「自治基本条例」「外国人地方参政権法案」「二重国籍法案」「外国人住民基本法案」「人権侵害救済法案」の成立を阻止することは十分可能ぢゃ。


この近江八幡市の市民投票制度の廃止は当支部はもちろん在特会会員全員、ひいては全国の憂国派にとって励みとなるぢゃろう。


我々在特会は悪法、悪条例の成立阻止&廃止、外国人への不当な優遇措置の撤廃、特亜の日本への不当な干渉の排除に邁進する所存なのでこれからも応援をよろしく頼む。

全国の自治体よ、


近江八幡市に続け!

外国人住民の市政への干渉を招きかねない


市民投票制度を廃止に追い込め!

PR
【2011年12月17日14:14 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「滋賀から日本をせんたくいたし申し候 街宣 in 大津」の報告 | ホーム |在特会からのお知らせ その94>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]