忍者ブログ
在特会からのお知らせ その70
★ 在特会 ニュース ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

◇ 平成23年度特別会員募集について ◇

 

在特会はその活動を支持いただける皆さまからの寄付金を元に運営を行っております。
会の活動が全国に拡大するに伴い、支部経費や遠征費用、法的対決に備えた弁護士費用の準備など、運営経費が増大傾向にあります。
そこで、平成22年5月より、安定的な運営資金確保のために、ご賛同いただける会員に年会費1万円を納めていただき、特別会員としてお迎えする制度を実施してまいりました。

 

このたび、平成23年4月より年度会員制(4月~翌年3月末)にし、平成23年度特別会員を新たに募集いたします。 

 

特別会員には在特会特製ピンバッジを進呈し、このバッジを付けている方は全国の在特会のイベント(参加費を頂く講演会・勉強会・集会など)に無料でご参加いただけます。一人でも多くの会員の皆さまに、全国に拡大する在特会の活動をサポートいただけますようお願い申し上げます。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

★ 副会長コラム 第20回 川東大了 副会長 ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

関西地区担当・副会長の川東大了です。

 

さて、関西では再び、以前のように、もしくは以前以上に元気に活動を展開しております。
正直、一時は総崩れになるのでは?と、杞憂を抱いた事もありましたが、今ではその杞憂も消し飛んで、本当に前にも増して元気な再起動を果たせたと思います。
この再起動は、多くの会員を始めとした、全国の仲間の応援があって初めて可能でありました。
勿論、再起動の時に残念ながら、「さよなら」を告げなければならない人がいたのも事実ですが、今は、兎に角、前を見て進まなくてはならない。
当初、関西では、東京に続けと行動を展開したのですが、東京に比べて圧倒的に人数が少なかったので、「主権」「在特」「日護」「そよ風」といった団体の関西支部が出来た時にも、それぞれの団体が単独で行動を起こすよりも、団体の枠を越えて一つの組織に近い形で行動を起こして行きました。
その行動の展開が、今日の関西の団体としての枠よりも、関西全体でひとつの組織のように振舞う(?)「チーム関西」と呼ばれる概念が生じたのだと思ってます。
今でも、「チーム関西って団体ですか?」って問われる事がしばしばありますが、「さぁ?」と言う答えをしています。(笑
量子力学において「光は波?粒子?」と問われたら、「波のように振舞う事もあれば、粒子のように振舞う事もある」みたいな回答になる感じですかね?
まさに、チーム関西はマクロでは団体であって、ミクロでは団体ではないのかもしれません。
(すいません、訳の分らん喩えで・・・w)

 

特に、一般の参加者は、殆どの人が「自分は在特会だ」「自分は日護会だ」と言う事はなく、自然と「チーム関西」と呼ばれる概念に近い形の参加形態が出来て行きました。
そして、今では、関西発の組織も立ち上がり、ミクロでは「歴史捏造を糾す会」「現代撫子倶楽部」「教科書が教えないこと」「キナの会」などの組織として行動しつつ、マクロでは「チーム関西」として行動を起こせる関西独特の行動展開が可能になっております。

 

関西の強さの秘訣(?)の一つは、この各団体とその集合体の「チーム関西」との微妙な関係にあるのではないかと、私は勝手に想像しています。
ただ、これは、誰かが意図的に創造したようなものではなく、いつしか、自然と勝手に形成されたと思いますので、どうすれば、このような行動形態を構築出来るのかは、解説できません。(笑

 

ま、そんな訳で今回は、川東副会長の独断と偏見による、「チーム関西」分析でした。

 

ポイントは一言で「チーム関西は量子力学」です。(笑

 

 

★ 今後の活動予定(全国版) ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
※ イベント詳細は公式サイトをご覧ください ※

 

 

◇ 7月2日(土)◇
・京都宇土口問題 & 韓国軍 「ライタイハン」 問題 京都街宣 【京都支部】 
・人権侵害救済法案提出を許さないぞ! 街宣 in 大津 第3弾 【滋賀支部】 

 

◇ 7月3日(日)◇
・日本侵略を許さない国民の会 発足記念 【東京支部】

 

◇ 7月9日(土)◇
・排害社結成一周忌 7・9渋谷に集結を!! デモ行進 【東京支部】

 

◇ 7月24日(日)◇
・「佐賀県護國神社」 清掃奉仕活動参加のお願い 【佐賀支部】

 

 

★ 在特会から お知らせ ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

・在特会では全国各支部および本部(広報局、事務局)の運営スタッフを募集しています。

 

各支部の運営としての参加をご希望の方は
から各支部へ直接メールにて問い合わせください。

 

本部(広報局、事務局)のスタッフとして参加をご希望の方は
から本部へ直接メールにて問い合わせください。

 

 

・在特会は会員の皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。

 

全国に拡大する在特会ですが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある会員の皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

PR
【2011年06月26日20:28 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「国民よ、大和魂を再建せよ! 街宣 in 近江八幡」の報告 | ホーム |「人権侵害救済法案提出を許さないぞ! 街宣 in 大津 第3弾」開催のお知らせ>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]