忍者ブログ
「法曹界による日本の法秩序と名誉の破壊を許さないぞ! 街宣 in 彦根」の報告
1/700 ウォーターラインシリーズ 空母 飛龍1942ミッドウェイ
1/700 ウォーターラインシリーズ 空母 飛龍1942ミッドウェイ
クチコミを見る
特撮リボルテック SERIES No.025 JACK SPARROW

特撮リボルテック SERIES No.025 JACK SPARROW
クチコミを見る
せんとくんぬいぐるみ【大】

せんとくんぬいぐるみ【大】
クチコミを見る



わしが反日ハンター・神功正毅ぢゃ。
「法曹界による日本の法秩序と名誉の破壊を許さないぞ! 街宣 in 彦根」開催のお知らせ
で伝えたとおり、6月4日(土) 17:00~18:00アルプラザ彦根店前において「法曹界による日本の法秩序と名誉の破壊を許さないぞ! 街宣 in  彦根」を行った。
その報告をしよう。
これがその時の映像ぢゃ。








まず、69年前のこの日、昭和17年6月4日(現地時間)に行われたミッドウエー海戦でアメリカ軍の急降下爆撃機の攻撃を受けた日本の機動部隊が4隻の空母全てが撃沈される大惨敗を喫したことについて語った。



ぢゃが、前回の街宣を撮った上の動画で
「だからね 詳しい戦況説明はいらないんじゃないかな~」
というコメントがあったのでミッドウエー海戦についてはサラりと流した。
興味のある者は
Wikipedia/ミッドウエー海戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E6%B5%B7%E6%88%A6
を読んでくれ。

そして、わしは法曹界の日本国の法秩序や名誉への影響を全く考慮しない日本の法秩序と名誉の破壊の事例についていくつかを紹介した。


今から3年前のこの日、日本の法秩序と入国管理行政に爆弾を叩きつけるような、ミッドウエー海戦で亡くなられた優秀なパイロットを含む多くの英霊の方々を辱める事件が起きたのぢゃ。
最高裁が国籍法(当時)を違憲とする判決を下し、未婚の日本人の父と外国人の母との間に生まれた子の国籍取得要件から両親の結婚を外し、父親が認知すれば国籍が取れるように国籍法が改悪されるきっかけを作ったのぢゃ。
このようなことがまかり通れば、反日国家の子供連れ女エージェントが金をもらって証言を承諾した男と口裏を合わせて子供に日本国籍を取得させ、改悪前よりももっと容易に子供を草(忍者用語:英語でいうスリーパー)に仕立て上げることもできるのぢゃ。
また、日本国民が”父親(?)が認知しただけの外国から来た「日本と祖国の二重国籍民」”の犯した犯罪の犠牲者となり、犯人がアメリカ・韓国以外(日本と「犯罪人引き渡し条約」を結んでいない)のもう一つの祖国へ逃亡し、泣き寝入りする事態が発生し得るのぢゃ。

「瀬戸内シージャック事件」で弁護士であった下坂浩介・入江五郎が、広島県警の須藤本部長と狙撃手を「裁判によらない死刑だ」などと殺人罪等で広島地検へ告発した。
広島地検は狙撃手の行為を警察官職務執行法第7条と刑法36条の正当防衛及び刑法35条正当行為として不起訴処分にした。弁護士側は特別公務員暴行凌虐罪について広島地裁に付審判請求を行ったが、これも棄却された。なお、一連の告発に対し広島県警は職務上やむを得ない判断である姿勢であったほか、日本弁護士連合会も緊急避難措置として妥当なものであるとした。

「栃木警官殺害未遂事件」で石灯籠(どうろう)の上部にある宝珠(重さ約3キロ)で警官を撲殺しようとした中国人男性に警察官が発砲して死なせたのは 「過剰防衛」だとして、男性の遺族が栃木県に約5千万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京高裁 (前田順司裁判長)は27日、請求を棄却した一審・宇都宮地裁判決を変更し、計約1千万円の支払いを 県に命じる判決を言い渡した。
判決は「威嚇射撃を試みることなく性急に発砲に及んだのは違法だ」と指摘。
発砲は警察官職務執行法に違反すると判断した。

「奈良逃走犯射殺事件」で射殺された逃走犯の遺族らが公務員の職権乱用が疑われる事件を検察で不起訴にされた場合に告訴人らの請求によって裁判所が独自の判断で刑事裁判にあたる審判を開く付審判制度を使って審判を請求し、奈良地裁で認められた。

日本軍指揮官が住民に自決を強いたと記述し名誉を傷つけたとして、梅澤裕および赤松秀一(赤松の弟)が、名誉毀損による損害賠償、出版差し止め、謝罪広告の掲載を求めて訴訟を起こした「大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判」で最高裁第一小法廷が上告を棄却し梅澤裕および赤松秀一の敗訴が確定したこと。

そして、これらの集大成が諸君らもよく知っている「勧進橋児童公園内の違法設置物返還に対する京都朝鮮第一初級学校の逆ギレ告訴事件」ぢゃ。


裁判官、弁護士、検察官等の法の使徒も人間ぢゃ。
人間は必ず過ちを犯す。
「罪人を放免する裁判官は罰せられる」という古代ローマのことわざがある。
国民の皆さん、法曹界にはびこる売国人士による日本の法秩序と名誉の破壊を断じて許してはならぬ。
彼らに批判という名の「愛の爆弾」を叩きつけ、東京裁判史観や国際共産主義、特亜への贖罪意識等に心を蝕まれた法曹界内の売国人士を一掃しようぢゃないか!





You can do it now!

愛の爆弾 もっとたくさん おっ落としてくれ

寝返る 売国奴の ドタマん中に

PR
【2011年06月06日10:03 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<在特会からのお知らせ その67 | ホーム |在特会からのお知らせ その66>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]