忍者ブログ
【日韓併合記念日】愛国者による反撃の義挙1周年記念デモ in 大阪のお知らせ

【日韓併合記念日】愛国者による反撃の義挙1周年記念デモ in 大阪(改題しました)

正式発表

【説明】

突如として現れた「従軍慰安婦の強制連行、性奴隷制度」の歴史捏造・・・

平気で嘘をつく朝鮮人と、平気で国家を売る売国政治家や売国マスコミ、売国詐話師(吉田清治等)が創作した壮大な歴史捏造・・・

売国政党「自民党」が祖国を裏切り、捏造の強制連行を認めた河野談話を世に出して20年余り・・

そして、遂に維新政党・新風代表の鈴木信行氏ら4人が平成24年6月19日と8月22日に韓国に乗り込み、「竹島の碑」を建立させて反撃の狼煙を上げた。

同時期に始まった「日韓国交断絶国民大行進」にて、ゴキブリ太極旗が踏まれ、破かれ、竹島の碑が突き刺され、韓国全土で火病を発症。

日韓秘密情報保護協定は6月19日(韓国では「対馬の日」)に鈴木信行氏がソウルにある日本大使館前に違法設置された売春婦像に「竹島の碑」をくくりつけた事に端を発した騒動により、6月29日締結1時間前に突如延期になり、破談した。

この破談によって、日本国の自衛隊員が朝鮮人同士の争いである朝鮮有事に巻き込まれ無意味な血を流す事態が回避された。

8月22日は日韓併合の日であるが、その日にも第2弾となる「竹島の碑」建立が敢行された。

敵国の領土に乗り込み、生還を期さない特攻の覚悟を持って敢行された義挙である。

この義挙より1年を迎え、今回「愛国者による反撃の義挙1周年記念デモ 」を企画しました。

【時間】
平成25年8月22日(木)
17:30 集会 ※(予定では17時からにしてましたが、17時30分からになりました)
18:00 出発
19:10 解散地到着

【集合場所およびコース】
新町北公園→御堂筋を南下→難波交差点→元町中公園

【主催】
愛国義挙1周年デモ実行委員会

【現場責任者】
川東大了

【補足・注意】
・今回は、特に協賛団体等は募っておりません。

・平日のデモなので、いつもより遅い時間にしております。夕方ですので日中よりは涼しくなっているとは思いますが、暑さ対策は各自で十分に注意をして下さるようにお願いします。
・今回は街宣車なしの徒歩デモですので、救護車はありません。もしも、デモの最中に気分が悪くなられた方は無理せずに途中でも隊列より離れて水分を補給し休憩等を取るなどして下さい。

・雨天時は、無理をせずに中止にします。(季節柄、夕立の可能性がありますが、一旦、出発すれば途中での中止はしません)
・日章旗、旭日旗、プラカード持参歓迎!
・特効服、迷彩服大歓迎! ※(普段はご遠慮が多いですが、今回は歓迎します)
・撮影が入る可能性がありますので、各自にて対応をお願いします。

【最後に】
ご存知の方も多いかと思いますが、韓国では8月14日(売春婦・金学順が名乗り出た日らしい)を「売春婦の日」に制定するよう国連に要望しています。
それに抗議する為に、日本から韓国に乗り込み、ソウルの日本大使館前で行われていた違法なデモに乗り込み、毅然と抗議をされた勇者がいます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21595890
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21596034

その時の動画です。

詳細は存じておりませんが、この義挙を敢行された勇者は無事に日本に帰国されたようです。

勿論、大変危険な行為である事は間違いなく、無闇にこのような行動を煽るつもりはありませんが、本人の強い決意で「帰って来れなくても構わない」「殺されても構わない」と覚悟を持って行動されるなら、断固として支持し、称賛します。

この人物が、鈴木代表を始めとする新風の義挙に何らかの感銘・影響を受けたのか、全く、無関係に行動されたのかは知りませんが、政府が祖国の誇りを護ってくれないなら、我々民間人が血の犠牲を覚悟して戦う以外、道はありません。

急遽になりますが、8月14日に行われた義挙に対しても、称賛させて頂きます。

【それと・・】
最近、差別主義者による言論弾圧が各地にて起きております。
違法賭博の廃止を求めるデモや、拉致被害者の救出を訴えるデモに対して、妨害を加える極めて反社会性の強いならず者集団です。
今回のデモは、川東の企画・指揮にて行うデモであり、当デモへの妨害には必ず反撃で応じます。
万が一、ならず者集団による妨害があった際は、鶴橋での街宣・デモを敢行致します。

PR
【2013年08月17日22:48 】 | 告知 | コメント(0)
<<韓国首相が元在日義勇兵に感謝す | ホーム |在特会からのお知らせ その169>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]