忍者ブログ
【改題】「『大嫌韓時代』の次はいよいよ在日問題に目を向けよ! 街宣 in 韓領前」のお知らせ
『大嫌韓時代』の次はいよいよ在日問題に目を向けよ! 街宣 in 韓領前

橋下市長も廃止を主張する特別永住許可を廃止しよう!

【日時】
平成26年10月19日(日)

【時間】
15時30分~17時

【場所→変更あり!】
近鉄難波ビル前(大阪市中央区難波4丁目1-15)

※交差点の角になります。
※最寄り駅…地下鉄「御堂筋線/千日前線/四ツ橋線」の難波駅:21番出口を出て直ぐです。
※Googleマップでもご覧ください…
http://urx.nu/cQet


【現場責任者】
小宮山秀俊 (大阪支部運営)

【注意事項】
雨天決行。悪天候など止む無く中止する場合は事前に報告します。
日章旗・旭日旗・Z旗・趣旨に沿ったプラカードや横断幕の持参を歓迎。
周知活動のため発言者は不用意な暴言等はご遠慮ください。
周知活動のため特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください。
撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラス等各自でご用意ください。
現場責任者の指示に必ず従ってください。

【主催】
在日特権を許さない市民の会 大阪支部

【説明】
在特会桜井誠会長による著作『大嫌韓時代』がベストセラー(現在進行形)となり、文字通りの大嫌韓ブーム到来!
異常反日国家・韓国への糾弾の声もますます高まるばかり。韓国・仁川(インチョン)で開催中のアジア大会では
観るも無残な醜態を晒し続け、不備、非礼、不正疑惑のオンパレード。北朝鮮といい韓国といい、なぜ朝鮮人国家は
これほどまでに世界中へ害毒を撒き散らし続けるのか。。。

さらに国内へ目を向けると、彼ら韓国朝鮮人による数々の問題が癌の様に日本を蝕んでいます。
橋下大阪市長は先日の記者会見にて特別永住許可はいい加減に見直さないといけないと発言。
いわゆる「ヘイトスピーチ」問題をめぐって、橋下市長からの呼びかけに応じた在特会・桜井会長との1対1の会談も
この10月にいよいよ予定されています。
「差別」を盾に数々の逆差別待遇を暴力的・集団的な圧力で勝ち取ってきた在日韓国朝鮮人たち。
高い犯罪率、生活保護不正受給、在日特権、組織的な反日活動などなど。。。

嫌韓ブームから在日問題へ。国民の意識を高めるため一緒に声をあげましょう!!
在日特権、在日のここがおかしい!と言うあなたの声を聞かせてください。
沢山の話しが出来なくても構いません。一言二言の主張でも十分です☆
沢山の弁士の参加をお待ちしています!


【問い合わせ】
在特会大阪支部メールアドレス
zaitokuosaka@gmail.com

※ メディアの取材は全て在特会広報局へ事前にお申込みください。
※ 当日になって現場でいきなり取材申込みされても許可出来ません。

在特会広報局宛フォーム
http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=2
PR
【2014年10月12日13:30 】 | 告知 | コメント(0)
<<大和の闇、未だ深し ~奈良県議会、「ヘイト・スピーチ(憎悪表現)に反対しその根絶のため法規制 を求める意見書」を可決す | ホーム |【趣旨変更】「今こそ失われた領土を取り戻せ!竹島奪還街宣!」のお知らせ>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]