忍者ブログ
在特会からのお知らせ その52

★ 在特会ニュース ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

◇ 嫌韓流文庫版(第一巻~第二巻)紹介 ◇
あの嫌韓流が文庫版になって登場しました。
文庫版(全巻)の巻末企画として著者の山野車輪氏と桜井 在特会会長 の対談が掲載されています。第三巻~第四巻は今月下旬に発売予定とのことです。

嫌韓流文庫版 第一巻
http://www.amazon.co.jp/dp/4863912382?tag=dorspag-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4863912382&adid=0E23JJ41X89YAM6RCK63
嫌韓流文庫版 第二巻
http://www.amazon.co.jp/dp/4863912390?tag=dorspag-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4863912390&adid=1BBVDMXX4GHFYA8DEQWA


◇ 特別会員募集中 ◇
在特会では会員またはメール会員で趣旨に賛同いただける方に年会費1万円を納めていただき、特別会員としてお迎えする制度を実施しています。
特別会員には在特会特製ピンバッジを進呈し、このバッジを付けている方は全国の在特会のイベント(参加費を頂く講演会・勉強会・集会など)に無料でご参加いただけます。
一人でも多くの会員の皆さまに、全国に拡大する在特会の活動をサポートいただけますようお願い申し上げます。
詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.zaitokukai.info/modules/about/content0055.html


◇ 在特会地方支部HPご紹介 ◇
北海道支部 
http://zaitokuhokkaido.blog82.fc2.com/
埼玉支部 http://saitama.zaitokukai.info/
広島支部 http://profile.ameba.jp/zaitokuhirosima
福岡支部 http://fukuoka.zaitokukai.info/
大分支部 http://d.hatena.ne.jp/zaitokuoita/
関西行動保守オフィシャルサイト http://www.team-kansai.com/


★ 副会長コラム 第5回 藤田正論 副会長 ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
自分取材「藤田正論」の正体
いまや北海道で最も面倒臭い存在「行動保守」とは何者か
~第一回 遠い記憶の中に見る原点回帰~

まだまだ寒さが残る土曜の夕暮れ、私はT市行きの鈍行列車に乗り込んだ。ぼんやり窓を眺めていると見慣れた都会の風景はいつの間にか終演し、緑と田畑のスクリーンで覆われていた。何故自分はここにいるのだろう。いつまでも動かない山を見ながら回顧すると、様々な分岐点があったなと思いだし一人笑った。今までの人生とても正しい選択をして来たとは思えないからだ。田舎には昔のことを思い出させる力があるらしい。無理矢理納得し、とある無人駅で下車した。

改札には錆びて蓋が開かなくなった切符受けがあり、中を覗くと紙くずが詰まっている。悪がきどもの仕業だろう。駅前は既に寂れて人影も無いが、その町並みはかつての面影を残していた。トタンがはがれた屋根を仰ぎ見ながら北へと向かった。十字路に小さな商店がある。外観は大きく様変わりをしているが三十数年前から変わらぬ名前に安堵する。ここは学校帰りの子供たちで賑わう憩いの場であった。インベーダーブームが到来した時は、一時不良の溜まり場になり閉口したが、それでも忘れられないお店である。

商店を左手に見ながら更に進むと右手に学校が見えて来た。記憶の中にある今にも壊れそうな汚い木造校舎ではなく、そこには鉄筋コンクリートの無機質で綺麗な建物があった。道路を挟んで北側には、既に廃校となったらしい校舎が存在していた。近付いてみるとこの幽霊屋敷の正体は中学校の様である。先ほどの綺麗な校舎は小学校らしいので、どうやら違う歴史があるようだ。廃校を後にして更に北へと歩き始めると老人に声を掛けられた。

見覚えのある顔に懐かしさが込み上げて、犬の散歩中であったのを引き留めて暖かい缶コーヒーを片手にしばし歓談した。三十年前の冬、雪が降りしきる真夜中に悪がき7人で、学校へ忍び込もうとしたのである。窓は高い位置にあったが、積もった雪が屋根まで導いてくれるので造作もないことだ。しかし実際はそうではなかった。悪友Aが雪山と壁の間に落ちてしまったのだ。更に助けようとしたSも落ちて私たちの視界から消えた。最早自分たちでは為す術もなく途方にくれていた所を近所に住むこの老人に助けられたのである。

夜中にピーピー五月蠅いので様子を見に来たら子供達が騒いでいたと老人は言う。連絡を受けた町内の大人達も続々とやってきて事なきを得たが、散々怒られた上に校舎侵入も果たせなかった。この時は人生でこれ以上ない位に反省した。しかし、これで改心するわけもなく、その後も二度三度と同じようなことを繰り返しその都度雷を落とされたのであった。当時の御礼を言い老人と別れると、またもや、何故自分はここにいるのだろう。という思いが心を支配した。

辺りは既に暗くなり春だというのに雪がちらついてきた。足早に歩きながら空を見上げると月がぼんやりと光っている。その光を眺めていると、T市に到着したというアナウンスで目が覚めた。おや、夢か。悩み迷い結論が出せない時は、意識を解放し原点に戻ることが大事なのだ。『だからこそ自分はここにいるのだ』と寝ぼけた頭で辛うじて思考し汽車を降りた。変な夢だったなと思いながらポケットに手を入れると、そこにはコーヒーの空き缶が。まだ温もりのある缶を強く握りしめ私は思った。こんなコラムで怒られないだろうか・・・と。


★ 今後の活動予定(全国版) ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

◇ 3月12日 ◇
・パンダも売春婦もいらない!上野を支那の侵略から守れデモ行進 【東京支部】
・Saturday Night Special 第54回 ~ 桜井誠スペシャル ~

◇ 3月13日 ◇
・民主党よ、国民に白旗を掲げよ! 街宣 in 大津 【滋賀支部】
・反民主党!左翼政権のファシズムに抗う!街頭活動 【北海道支部】

◇ 3月20日 ◇
・観光特区断固反対、中国国防動員法周知、民主党は衆議院解散せよ! 【福岡支部】
・在特会 宮城支部設立1周年記念講演会 【宮城支部】
・在特会 埼玉支部設立1周年記念講演会 【埼玉支部】

◇ 3月21日 ◇
・観光特区構想断固反対!! 民主党とっとと衆院解散しろ街宣 【大分支部】

◇ 3月27日 ◇
・第一回 在特会北海道支部セミナー 【北海道支部】
・観光特区断固反対、中国国防動員法周知、民主党は衆議院解散せよ! 【福岡支部】

◇ 4月17日 ◇
・第二回 在特会北海道支部セミナー 【北海道支部】

◇ 5月22日 ◇
・第三回 在特会北海道支部セミナー 【北海道支部】

※ イベント詳細は公式サイトをご覧ください ※


★ 北海道支部から お知らせ ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
<他団体からのお知らせ>

北海道竹田研究会特別講座
「世界に誇れる国歌 君が代」
【日時】平成23年3月12日(土)14:30~
【場所】北海道神宮参集殿(社務所の隣)
【主催】北海道竹田研究会
【受講料】2000円(学生1000円)
【問合せ】事務局長 原芳明 011-231-0141

2011北海道知事選挙立候補予定者による公開討論会
~あなたの一票で、北海道の未来を変えてゆく~
【日時】平成23年3月13日(日)
    12:00会場、12:30~15:00
【場所】札幌市中央区北2条西7丁目 かでる2・7
【コーディネーター】北海道大学 宮脇淳教授
【主催】JCI公益社団法人
    日本青年会議所 北海道地区協議会
【お問合せ】TEL011-222-1439


★ 在特会から お知らせ ★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

・在特会では全国各支部および本部(広報局、事務局)の運営スタッフを募集しています。

各支部の運営としての参加をご希望の方は
http://www.zaitokukai.info/modules/about/category0002.html
から各支部へ直接メールにて問い合わせください。

本部(広報局、事務局)のスタッフとして参加をご希望の方は
http://www.zaitokukai.info/modules/inquirysp/index.php?op=1
から本部へ直接メールにて問い合わせください。


・在特会は会員の皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。

全国に拡大する在特会ですが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある会員の皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

ご寄付のお願い
http://www.zaitokukai.info/modules/about/zai/endowment.html
 

PR
【2011年03月11日11:00 】 | 未選択 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<在特会からのお知らせ その53 | ホーム |8号京都線(鴨川東~上鳥羽)開通記念イベント「京のまち・スカイウォーキング」のお知らせ>>
コメント
コメントの投稿













トラックバック
トラックバックURL

前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]