忍者ブログ
八幡西中の一教員、市民の顔と市の看板に泥を塗る

わしが反日ハンター・神功正毅ぢゃ。
「市民の良識と市議会の英断を称えよう 街宣 in 近江八幡」の報告
で我々在特会滋賀支部は近江八幡市議会における「市民投票制度」廃止について近江八幡市民の良識と市議会の英断を称えたが、近江八幡市立八幡西中学校の一教員が市民の顔と市の看板に泥を塗るようなマネをしてくれた。
東京新聞/関東大震災の歴史在日コリアンに学ぶ 滋賀の中学生、都慰霊堂で
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20120609/CK2012060902000108.html
<引用開始>
 都内へ修学旅行中の滋賀県・近江八幡市立八幡西中学校の3年3組の生徒たちが8日、都慰霊堂(墨田区横網)を訪れ、関東大震災時の朝鮮人虐殺など、大震災の歴史を学んだ。

 

 生徒に説明したのは、在日コリアン3世で朝鮮大学校(小平市)理工学部2年、金華暎(キムファヨン)さん(19)。人権教育に力を入れる八幡西中は、地元の朝鮮学校を通じて東京での案内役の紹介を依頼。歴史ツアーのガイド経験を持つ金さんが、大学校から推薦された。
 

 都慰霊堂には、関東大震災と東京大空襲、計16万3000の遺骨を安置。敷地の横網町公園内に、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑もある。生徒ら約40人は慰霊堂で担当者の説明を受け、朝鮮人犠牲者追悼碑に黙とう。再び慰霊堂に戻り、金さんの解説を聞いた。
 

 金さんは「関東大震災で『朝鮮人が暴動を起こした』というデマが流れ『朝鮮人狩り』も行われた。『十五円五十銭』をきちんと発音できないと朝鮮人とみなされ、日本人も殺された」と解説。現在もさまざまな在日コリアン差別があると話し、「みなさんと会えて幸せ。私ももっと学びたいので、みなさんもしっかり勉強してください」と呼び掛けた。
 

 女子生徒は「殺された朝鮮人がどれだけ苦しかったか、今も差別があるのはおかしいと思う」と話した。 
<引用終了>


この件は
近野滋之『民族主義者の警鐘』/都慰霊堂に訪れた滋賀の中学生、関東大震災時の「朝鮮人狩り」などの歴史を在日コリアンから学ぶ、近江八幡市立八幡西中学校3年3組の担任教師は日教組か全教か、史実を教えない教育界に巣くう反日左翼は駆除すべき
http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/36653649.html
でも取り上げられています。

わしは日教組の組織率が全国平均を下回る滋賀県においてこのような対特亜贖罪教育が行われていることに驚きを隠せない。

 

上記ブログによると
同/同
<引用開始>
>滋賀県・ 近江八幡市 立八幡西中学校の3年3組の生徒たちが8日、都慰霊堂( 墨田区横網 )を訪れ、関東大震災時の朝鮮人虐殺など、大震災の歴史を学んだ
 
>生徒に説明したのは、在日コリアン3世で朝鮮大学校( 小平市 )理工学部2年、金華暎(キムファヨン)さん
 
朝鮮大学校の在日朝鮮人から、修学旅行中の中学生が朝鮮人虐殺を学ぶとは(――;)
 
明日の日本を担う子供たちには、反日勢力が捏造した歴史ではなく、史実のみを教育すべきです。
 
私は本ブログ6月3日の記事で資料も添えて述べましましたが、関東大震災時に朝鮮人の大量虐殺はありませんでした。
 
自警団が、朝鮮人テロリスト集団と戦った過程で、巻き添えになって殺害された一般の朝鮮人犠牲者がいただけです。
 
>人権教育に力を入れる八幡西中は、地元の朝鮮学校を通じて東京での案内役の紹介を依頼
 
どうして3年3組の生徒だけが、朝鮮人虐殺を学んだのでしょうか?
 
八幡西中学校として依頼したのであれば、修学旅行の生徒全員が、 墨田区 にある都慰霊堂を訪れるはずです。
 
八幡西中学校の修学旅行の日程を調べましたが、昨年の修学旅行は第1日目に「クラス別の体験」という単独学習になっています。
 
 
修学旅行 2011年6月1日~3日
 
修学旅行に行きました。
 
6月1日~3日 2泊3日の行程で「東京・伊豆方面」の修学旅行を実施しました。
 
第1日目 学校から出発。近江八幡はあいにくの雨模様でしたが、東京は傘いらず。
クラス別の体験に出発しました。
 
第2日目 この日はあいにくの雨でしたが、東京ティズニーリゾート(ランド・シー)に出かけました。
雨模様だったことが幸いして、アトラクションの待ち時間は思ったより短く、思う存分楽しみました。
夜は伊豆のペンションで過ごしました。
 
最終日   シュノーケリングやシルバーアクセサリ-づくりなど、希望別で体験をしました。
たっぷりのお土産話と思い出を抱え、無事近江八幡に戻りました。
http://www.city.omihachiman.shiga.jp/~nishityu/seikatsu/shugaku.html
 
 
3年3組の担任教師が、地元の朝鮮学校を通じて朝鮮大学校に依頼して、「クラス別の体験」にした可能性もあります。
 
このような教員は他にもいて、本ブログ2011年の記事にしましたが、神奈川県立高校の教員は生徒にハングルを教えて、朝鮮人虐殺現場の見学を企画しました。
 
神奈川県立高校の教職員は、日教組傘下の神高教に加盟していました。
 
近江八幡市立八幡西中学校3年3組の担任教師も、日教組か全教に加盟しているでしょう。
 
滋賀県には、日本教職員組合(日教組)傘下の、滋賀県教職員組合(滋賀県教組)があります。
 
また、全日本教職員組合(全教)傘下の、全教滋賀教職員組合もあります。

<引用終了>

この対特亜贖罪教育はどうやら学校ぐるみというよりは3年3組の担任教師の独断で在日コリアン3世で朝鮮大学校(小平市)在校生を教え子に会わせ、関東大震災時の朝鮮人虐殺などを学ばせたようぢゃ。


上記ブログにもあるとおり、朝鮮人が暴動を起こしたのは事実で、自警団は暴徒となって襲ってくる朝鮮人と戦っただけぢゃ。

(9)併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達
抜粋
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖を持っているので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
一、差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。

近江八幡市内の各学校よ、虚構に基づく特亜への贖罪意識を教え子に植え付ける教育をやめろ!


「歴史教育の目的は、民族精神の涵養にある。
(中略)
 英雄の伝記こそ、まさに、後世の人々を奮い立たせる。
 歴史教育は、栄光の教育でなければならない。」(悪の民主主義/小室直樹)

教え子に栄光の教育をもって日本民族の誇りを叩き込み、奮い立たせよ!


当支部はこの件について抗議活動をする予定ぢゃ。
もちろん、
強要罪に問われない方法でぢゃ。

PR
【2012年06月13日12:08 】 | 未選択 | コメント(0)
<<在特会からのお知らせ その119 | ホーム |在特会からのお知らせ その118>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]