忍者ブログ
「国内外の敵を粉砕せよ! 街宣 in 大津」の報告

反日ハンター・神功正毅です。

「国内外の敵を粉砕せよ! 街宣 in 大津」のお知らせ
で伝えたとおり、9月27日(土) 16:00~17:00 JR/京阪石山駅2F 松尾芭蕉像前において「国内外の敵を粉砕せよ! 街宣 in 大津」を行いました。
その報告をします。
これがその時の映像です。
国内外の敵を粉砕せよ! 街宣 in 大津
https://www.youtube.com/watch?v=QEZKggQz0Xg



今回も金子吉晴・元神奈川県足柄上郡大井町町議会議員が来てくださいました。
本当にありがたいことです。

7月1日、安倍内閣が集団的自衛権の行使容認を閣議決定しました。
ですが、国民の国防に関する意識の低さは目を覆うばかりです。
嘆かわしいことに
「日清戦争開戦から120年、国民よ、平和を欲するなら戦争を学べ!街宣 in 湖南」の報告
を行った湖南市、守山市、米原市、大津市では「集団的自衛権行使を容認する解釈改憲を行わないことを求める意見書」が議会で可決されました。

ですが、
滋賀県民の良識の勝利!滋賀県議会、集団的自衛権の行使・解釈変更反対の意見書を否決す
でも書いたとおり、滋賀県議会が平成26年 7月定例会議において集団的自衛権の行使・解釈変更反対の意見書を否決しました。
滋賀県議会HP/意見書・決議一覧
http://www.shigaken-gikai.jp/g07_Iken.asp
<引用は省略します>


大津市、守山市、湖南市、米原市で「集団的自衛権行使を容認する解釈改憲を行わないことを求める意見書」が可決され、滋賀県知事選で元民主党の三日月大造が当選した時には滋賀県民の国防に関する意識の低さを憂えたものですが、反日勢力による国防弱体化の策謀に歯止めがかかってよかったと思います。


我々日本国民の敵は尖閣諸島を侵略しようとしているシナ、我が国の領土を不法占拠しているロシア、韓国だけではありません。

シナ国防動員法、韓国憲法第39条の規定により有事の際に祖国からの命令一下で日本国内の秩序破壊活動を行う可能性がある日本在住の特亜人たち、
九条青龍刀



































九条青龍偃月刀










現在も辺野古沖の基地建設反対運動や
沖縄から米軍は出て行け!










憲法九条にノーベル平和賞授与の権威を付与して占領憲法を恒久化し、有事法制の制定を妨害することで日本の国防弱体化の策謀を行っているサヨクども、そして我々保守派の活動を「人種差別」「レイシスト」などと誹謗中傷し、あまつさえ暴力をもって妨害活動を行うしばき隊界隈
レイシストしばき隊と言う名のゴロツキ





























が日本国内に巣くう日本の真の敵です。

我々憂国派と売国勢力との戦いはかっての日清戦争のような様相を呈しています。
国民よ、祖先の偉大なる業績を語り継げ!
真実はいつも一つ。
「戦争に備えることは、平和を守るもっとも有効な手段の一つである」(ジョージ・ワシントン)
この言葉どおり自らの安全を自らの力によって守る意思を持て!
そして日本の破壊を企む反日主義者どもよ、チキンラーメンを食べて心の祖国へ帰れ!

現在わが国に不法行為を行っている中国、韓国、北朝鮮と、そして国内でこれら中国、韓国、北朝鮮と通じているかのように日本国内の混乱・衰退をもたらす活動を行う勢力に「果たし状」を叩きつけ、そして打ち破れ!

最後に「集団的自衛権の行使に反対する意見書」を否決した滋賀県議会、NHKのヘイトスピーチに関する調査に「ない」と回答した滋賀県の英断、そして77回にわたる当支部の活動を見守ってくださり、上記の滋賀県議会ならびに滋賀県の英断を後押しした県民の良識を称えます。

PR
【2014年10月11日14:26 】 | 報告 | コメント(0)
<<北九州市民の良識の勝利!北九州市議会、従軍慰安婦問題の事実関係を国会で検証することを求める意見書を可決す | ホーム |在特会からのお知らせ その220>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]