忍者ブログ
「生活保護法適正化支持デモ+街宣」&「防犯パトロール (予定は未定)」のお知らせ

生活保護法適正化支持デモ+街宣

アップロードファイル 428-1.jpgアップロードファイル 428-2.jpgアップロードファイル 428-3.xls

生活保護法適正化支持デモ+街宣

内容としては、次世代の党が提出すると報じられている生活保護法改正案(最高裁の判決を受けて外国人への支給を禁じる内容)への支持です。

但し、次世代の党は、生活保護が必要な外国人に帰化を求めるようですが、私達は祖国への帰国、祖国の救済を受ける、在日同胞による救済を受ける事などを求めます


【決定事項】
集合地点 新町北公園

コース いつもの御堂筋南下

目的地 元町中公園

デモ解散後、アムザ1000前にて、街宣活動

【ほぼ決定事項】
13:00 集会
14:00 出発
15:10 解散地点到着
15:30位 街宣開始
17:00 街宣終了

※現在、正式にデモの申請が終っていません。申請が済み次第「決定事項」としてお知らせします。それまでは、最終決定ではありません。

【主催】
生活保護法の適正化を目指す市民によるデモ行進実行委員会

【協賛】
デモの主旨に賛同される方で、協賛して頂ける団体・個人の方は、以下のメールアドレスにお申込み下さいますようにお願いします。

team.kansai.
second@gmail.com

【投稿者】
投稿代理人として川東大了です。

【注意事項】
・雨天時は、無理をせずに中止にします。中止の時は当日の9:00までに「中止」をお知らせします。
・日章旗、旭日旗、プラカード持参歓迎!
・特効服、迷彩服大歓迎!(チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はお断りします。)
・トンスルや人糞など、日本に相応しくない飲食物の持ち込みは固くお断りします。
・撮影が入る可能性がありますので、各自にて対応をお願いします。

【補足】
現在の段階では、秋の臨時国会で次世代の党から提出される予定の生活保護法改正法案の具体的な内容が分かりません。
デモの当日までに改正案の内容が把握出来れば、その改正案の中身を検討してデモで訴える主旨も調整します。
ですが、あくまでも、生活保護法の適正化を求めて、そのような主旨の改正案であれば支持すると言う事であって、決して特定の政党である「次世代の党」を支持・応援する目的ではありません。

【資料】
H23年(2011年)のデータになりますが、エクセルを添付しておきました。
H23年における在日韓国・朝鮮人の総数は545、401人であり(H25年では約52万人)、生活保護世帯は28、796世帯でした。世帯についての内訳を計算(6人以上の世帯は6人で計算)した所、人員は38、046人となりました。
在日韓国・朝鮮人の生活保護率は約7%になり、14人に1人が生活保護と言う数字になります。
日本人の生活保護率は1.6%であり、63人に1人が生活保護と言う数字になります。

出入国管理及び難民認定法
第二十二条  在留資格を変更しようとする外国人で永住者の在留資格への変更を希望するものは、法務省令で定める手続により、法務大臣に対し永住許可を申請しなければならない。
2  前項の申請があつた場合には、法務大臣は、その者が次の各号に適合し、かつ、その者の永住が日本国の利益に合すると認めたときに限り、これを許可することができる。ただし、その者が日本人、永住許可を受けている者又は特別永住者の配偶者又は子である場合においては、次の各号に適合することを要しない。
一  素行が善良であること。
二  独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。

つまり、自活能力を失った時点で、(原則)一般の外国人の永住者は「要件」を欠く事になります。(配偶者や子を除き)
にも関わらず、38000人もの自活能力のない朝鮮人が、果てしなく日本に居住を続けていけるのは、他の一般永住資格の外国人との間に不公平が生じていないか?

大韓民国憲法
第2条
国家は法律が定めるところによって在外国民を保護する義務を負う。
第34条
身体障碍者及び疾病、老齢その他の事由で生活能力のない国民は法律が定めるところにより国家の保護を受ける。

この通り、日本にいる韓国人(朝鮮人)を保護する義務を大韓民国は負っており、障害、疾病、老齢などの事由で自活出来ない在日は、同胞愛に満ち溢れた祖国の保護を受ける事が出来るのです。
正に在日が声高に叫ぶ「差別止めろ」は、大韓民国政府が、自国や日本以外に居住する国民と日本に居住する国民を差別している現状に対して「日本に居る同胞を差別するな」と叫ぶのが正しいのです。


【コール表】※草案の段階です。

皆さん、こんにちは。
私達は、生活保護行政の適正化を求めている市民によるデモ隊です。

本来、日本に住む外国人に生活保護を受ける「権利」はありませんが、現在、法的根拠もなく外国人に支給されております。
しかし、今年の7月に最高裁において、「外国人に生活保護を受ける権利はない」と判決が下されました。

ですが、この判決は「外国人に生活保護を受ける権利がない」事はハッキリと宣言しましたが、「外国人に行政上の措置として生活保護を支給する事を禁じる」と宣言したモノではなく、この最高裁の判決の後も、外国人へ生活保護を支給し続けております。

そこで、ハッキリと生活保護法を改正して、「外国人への支給を禁じる」事を求めています。


現在、在日韓国・朝鮮人は52万人ですが、約3万世帯、率にして7%ほどの朝鮮人が生活保護、日本国民の税金で仕事もせずに御飯をたべています。
日本人の生活保護率は約1・6%ですので、朝鮮人は日本人の5倍ほど、生活保護の割合が高い事が明らかになっております。
本来であれば、パチンコやサラ金などで日本人から莫大な収入を貪っている朝鮮人が、貧しい同胞を救済するか、同胞愛に満ち溢れた韓国なり、北朝鮮に救済して貰う、もしくは帰国するべきなのです。
ちなみに、長者番付の上位は朝鮮人ばかりです。

日本でも、一年間に3万人の日本人が自殺しており、その内の2万人は生活苦が原因だと言われております。
朝鮮人への生活保護を、同胞である日本人に回せば、単純な計算では、年間2万人の自殺者を救済出来るのです。

又、殆どの朝鮮人は国民年金が外国人に解放されて、最大20年に及ぶ「カラ期間」で優遇したにも関わらず「私達は祖国が統一したら帰るから、日本の年金制度は必要ない」と言って国民年金に加入しませんでした。
その為に、無年金者となった高齢者が生活保護で生活をしているケースが多いのですが、真面目に年金の掛け金を払い続けた日本人が月に7万円程で生活をやりくりしているのに、掛け金を1円も払わなかった朝鮮人が生活保護で不自由の無い生活をしているのは絶対におかしいと声を挙げているのです。


日本国民、怒りのシュプレヒコール!!

・日本人を見殺しにしてまでの外国人優遇を「許さないぞ」
・おにぎりが食べたいと言って餓死した日本人がいる事を「忘れるな」
・日本人が虐げられて、朝鮮人が手厚く保護されている。おかしいものは絶対に「おかしいぞ」
・韓国に住んでいる日本人は朝鮮人に生活保護を貰っていない。それが「当たり前だ」
・パチンコやサラ金によって、首を吊った日本人、いや「殺された日本人」がどれだけいるか、日本国民よ「分っているか」
・竹島を不法占拠し、日本人を拉致し、それでも生活保護を与えてくれる日本に文句ばかり言う朝鮮人を日本から「叩き出せ」
・散々、「日本で差別されている」と言う朝鮮人よ、これでも差別されていると「言えるのか」
・朝鮮人よ、自活能力の無い4万人を居住させてやっている日本に「感謝してみろ」
・「ありがとうございます」と「言ってみろ」
・乞食でも、食べ物を恵んでやったら「ありがとう」と言う、餌を貰って「差別されている」と文句を言う朝鮮人は、乞食の爪の垢でも煎じて「飲んでおけ」
・駄目なものは駄目、あかんものはあかん、ならぬものはならぬ、これは「差別じゃないぞ」
・これが「差別だ」と言う朝鮮人は、祖国に帰って本当の差別の洗礼を「受けてみろ」
・朝鮮戦争の時に逃げ出した卑怯者、朝鮮戦争からの復興に全く貢献してない、徴兵制の義務を果たしていないとして、韓国から「パンチョッパリは同胞じゃない」と差別された在日に生活保護を与えているのは、どこの国か「言ってみろ」
・と、そんな訳で、外国人への支給を禁じる生活保護法適正化を断固「支持するぞ」
・昨今、このようなデモがヘイトスピーチとして弾圧する動きがありますが、日本人よ「強くなれ」
・私達は日本人による日本人の為の日本を絶対に「取り戻すぞ」
・この日本列島は、日本人だけのモノである。日本人よ、「立ち上がれ」
・日本人よ「戦え」




防犯パトロール (予定は未定)

故・吉田茂総理大臣が述べている通り、朝鮮人とは半数が密入国者という生き物であり、日本の経済に全く貢献せず、それどころかお荷物として負担でしかなく、そして、犯罪傾向が非常に強い民族であります。
そのような危険な朝鮮人の26%が大阪に居住しており、その多くは生野区に生息しております。
生野区では4人に1人が朝鮮人と言われており、非常に危険な地域となっております。

「鶴橋は日本国、固有の領土」であります。

よって、デモ+街宣終了後に(元気が残っていればw)防犯パトロールを行いたいと思っています。

冬になると「火の用心 マッチ一本火事の元」と声を挙げながら、カンカンと音を鳴らす、例のアレです。

危険な民族が4人に1人もいる鶴橋の町で暮らす日本人に対して、注意喚起を促す防犯パトロールを行い、朝鮮人による犯罪の犠牲になる日本人を減らしましょう。

但し、デモ形態とならないように行いますので、シュプレヒコールや旗、のぼりの掲揚は禁止にします。

一般の大衆の通行の妨げにならないように、集まり過ぎず、バラバラになりすぎず、お願いします。

【注意】
予定は未定ですので、当日の体調や天候、気分の乗り次第になります。
あくまで、元気が残っている事が条件です。

【行動】
街宣終了後に、志願者のみで鶴橋に移動し、適当に街中などを練り歩き、「朝鮮人に用心」「純粋な日本人が刺されるヘイトクライムに用心」と訴えていきます。

【時間】
17:30~20:00
と、言っても途中で疲れた、或いは、満足したらそこで終了するかもしれません。

【投稿者】
川西大了

【最後に】
鶴橋安寧・・・

PR
【2014年09月28日00:13 】 | 告知 | コメント(0)
<<日本国民の良識の勝利!『大嫌韓時代』、amazon全書籍ランキング1位を獲得す | ホーム |在特会からのお知らせ その218>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]