忍者ブログ
自民党へ公開質問状を提出しました

※1月5日に行った自民党本部前での抗議街宣で、自民党に提出した公開質問状を掲載します。


公開質問状

安倍晋三自民党総裁殿


日韓合意において、我が国を護るために戦った先人の名誉は深く傷つけられただけでなく、
日本側は韓国政府が設立した財団(和解・いやしの財団)に10億円を拠出し、しなくてもよい約束を果たし巨額の税金を投入しました。しかし韓国側は日本大使館の前の慰安婦像を撤去しないどころか、釜山の日本領事館前にも慰安婦像を設置したことから、合意を履行する意思などない事は明白である。それに加えて、韓国の次期大統領候補や最大野党などは日韓合意破棄を強く主張しているにも関わらず、自民党には日韓合意を破棄する意思は一向に見受けられません。
その事が靖国神社に眠る英霊の尊厳を深く傷つけており、安倍総理が靖国神社を参拝せずに真珠湾を慰霊目的で訪問した事についても、国民として強い憤りを感じずにはいられません。そして、日韓通貨スワップ協定についても日本側に何のメリットもない協定を必死に結ぼうとしていますが、韓国だけを利する協定を結ぶ事に何の意味があるのでしょうか?安倍総理や自民党の方々には上記に内容について説明して頂きたいので、いくつかの質問をさせて頂きます。期日までにご回答下さいますようお願い致します。

一、安倍総理は今年の終戦の日に靖国神社に参拝する意思があるかないかをご回答ください。

一、自民党は韓国と歩調をあわせ、日韓合意を破棄する意思があるのかをご回答下さい。

一、日韓通貨スワップ協定を締結するにあたり日本側に何のメリットがあるのかをご回答下さい。

一、日韓合意を結び、英霊の尊厳を傷つけた自民党議員には靖国神社に参拝する資格がないという見方も出来ますが、その事について自民党としてどのような見解をお持ちなのかをご回答ください。

一、愛国・保守を謳い支持を得たからこそ、当時の民主党からの政権奪還を実現でき、安倍総理も自民党総裁に就任出来たにも関らず、その支持者を騙すような形で日韓合意を結んだ事についてどのような認識なのかをご回答下さい。

回答期限:平成29年1月20日(金)



平成29年1月5日 
在日特権を許さない市民の会 道添隆寛

PR
【2017年01月17日18:32 】 | ニュース | コメント(0)
<<川崎デモ言論弾圧裁判の第二回口頭弁論まであと1週間 | ホーム |駐大阪大韓民国総領事館からのお知らせ その5 ~ 在外選挙人登録申請受付用メルアドのお知らせ>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]