忍者ブログ
リアル「エスカリボルグ」?バングラデシュ人への殺人未遂罪に問われた岡村隆被告、懲役4年の実刑判決が下される
反日ハンター・神功正毅です。
ドクロちゃん(撲殺天使ドクロちゃん/桜瀬みつな)が持つ「エスカリボルグ」や
九条トゲトゲバット











盧満錫(テコンダー朴/白正男)が持つ「チョッパリキラー」のようなトゲの付いた棍棒が
テコンダー朴 チョッパリキラー





















シナで何と呼ばれているかが判明しました。
「狼牙棒(「ろうげぼう」と読む)」と呼ばれているそうです。
それを使ってバングラデシュ人男性を殴ったとして殺人未遂罪に問われた岡村隆被告が懲役4年の実刑判決を言い渡されました。
livedoor NEWS/中国古来の武器「狼牙棒」で男性を殴った54歳の男 懲役4年の判決
http://news.livedoor.com/article/detail/13949345/
<引用開始>
 千葉県富里市で4月、中国古来の武器「狼牙棒(ろうげぼう)」で近くに住むバングラデシュ人男性を殴ったとして殺人未遂罪に問われた同市の無職、岡村隆被告(54)に対する裁判員裁判の判決公判が27日、千葉地裁で開かれた。
 金子武志裁判長は「殺意があったと認定できる」として、懲役4年(求刑懲役8年)を言い渡した。
 判決によると、岡村被告は4月13日午後10時50分ごろ、富里市内の駐車場内で、殺意をもって、狼牙棒(全長約186センチ、重量約2.3キロ)を男性の頭にむけて2回振り下ろし、頭蓋骨骨折など全治1カ月の重傷を負わせたとしている。
 狼牙棒は宋代(960~1279年)に発達したとされる金属製の棒状の武器。よろいの上から打撃を与えるため、先の部分に多数のとげが付いており、殺傷能力が高い。近年では中国の武装警察にも配備されている。
<引用終了>



但し、彼の得物である「狼牙棒」は上記の「エスカリボルグ」や「チョッパリキラー」、そして自分の血を見てキレたハート(北斗の拳)を止めるために手下が投げた手持ちのトゲ付き棍棒程度の長さではなく
北斗の拳 ハート 狼牙棒 ボボボン














全長約186センチと成人男子の身長ほどもあり、人を殺すつもりがなければとても持ち歩けない代物です。

しかも一般人である彼ですらそのような武器を持てるということは一切の制限がない暗黒街の悪人どもは
悪には一切の制限はない!!























一般的な得物であるドスやナイフ

九条ナイフ ver.2.0



































やチャカ(拳銃)はもちろん

ロボット刑事K





















ロングソード


九条ソード








青龍刀


九条青龍刀
































そして「狼牙棒」のように柄が長い青龍偃月刀

九条青龍偃月刀








九条槍






方天戟


方天戟











で武装するなど造作もないことです。

「狼牙棒」のような物を他人の頭に二度振り下ろして頭蓋骨骨折させておいて無問題で済むわけがなく、99%有罪になることはわかり切っています。

ですが、このような殺傷力の高い凶器の携帯を許せば
リアル「北斗の拳」 in 新宿 ~ゴロツキはモヒカンを呼ぶ

ネット上では南アフリカの首都、ヨハネスブルグが「リアル北斗の拳」と呼ばれているが、新宿もそれに近づきつつあるようぢゃ。

と危惧したとおり、日本が「狼牙棒」などの殺傷力の高い得物を揮う悪人が闊歩し、市民が彼らの暴力に怯える「リアル北斗の拳」のような国に成り下がることでしょう。
【公式】北斗の拳 第1話「神か悪魔か!? 地獄にあらわれた最強の男」
https://www.youtube.com/watch?v=gplh7VWmsng





そしてそのような得物を反日勢力が所有し、彼らが有事の際に戦争相手国に呼応して蜂起すれば日本は内側から崩壊することになります。
それが決して杞憂でないことは私が百万言を費やすより
主水の受傷直後の画像
























この一葉の写真が雄弁に物語っています。

このような事件が二度と起きないように裁判所には彼の刑を確定してもらいたいものです。

PR
【2017年11月28日20:04 】 | ニュース | コメント(0)
<<李信恵鹿砦社名誉毀損裁判の第二回口頭弁論まであと50日 | ホーム |「不敬極まりない反天連を許さない!!「11.26終わりにしよう天皇制集会デモ」粉砕アクション!」のお知らせ 最終報>>
コメント
コメントの投稿













前ページ| ホーム |次ページ

忍者ブログ [PR]